オンライン英会話290回 英語が全く話せない状態から始めました 

私は290回ほどSkypeでオンライン英会話を受けました。全て外国人講師です。

今日は290時間受けて英語が話せるようになったかを書きたいと思います。

始めた頃の私

当時の私といえば中学1年から3年までの英文法をまとめた『くもんのスーパーステップ中学英文法』というのを3往復くらい学習しただけです。話すことは事前に用意した自己紹介だけ言えました。
初めてレッスンを受けたのはDMM英会話の無料体験です。講師はフィリピン人の男性でした。トップ画面に写真が貼られていた人気講師で教え方がとても上手でした。自己紹介はなんとかできましたが、何を言っているかさっぱり聞き取れません。とても緊張しましたが、先生に助けられて無事終えました(笑)。
無料体験を終え、結局DMMではなく別のオンラインレッスンを受けることになりました。最初は、初級レベルの文法を習いました。レッスンの前に予習をして、分からない単語は意味を調べ、読めない単語は音声を確認していました。
講師は外国人なので当然、文法の説明や、動詞や名詞などの品詞も全て英語で言うので、いつもチンプンカンプンでした(笑)。
忙しくて予習ができなかったり、気が乗らない日は発音のレッスンに変えたり、フリートークに変えました。フリートークと言っても私は話せなかったのでgoogleで翻訳したのを読んでいました。
教え上手な講師は会話の糸口を見つけたり、困った時はヒントを与えるという助け舟を出してくれますが、中には答えられるまで『なんで答えないの?』『どうして黙ってるの?』と攻撃してくる講師もいました。意思が伝えられるとそういったことも無くなると思いますが、当時の私は『今考えているから待ってもらえますか?』その一言さえも言えませんでした。

少し慣れてきた頃の私

私は最初色々な講師のレッスンを受けていたが、ある時から講師を絞るすることにしました。自己紹介の時間も省け、すぐにレッスンに取りかかれることも大きな理由です。あと、例えば『昨日の答えだけれども、もう一度教えてくれますか?』なんていうのも同じ講師なら頼みやすかったです。
講師を絞ってから緊張もなくなり、レッスンに集中できるようになりました。
仲が良くなると、撮った写真を見せてくれたり、レッスン中に飲んでいる飲料水を見せてくれたりしました。またある時は、自分で建設中の家をルームツアーしてくれたこともありました。恋の話はオープンで彼女の愚痴や、デートの話をしてくれることもありました。
そんな私もお気に入りの講師と都合が合わなくなり、290時間ほどで辞めてしまいました。かれこれ2年近くになります。それからは独学で勉強をしました。

独学

この2年間はレッスンで使った教材を復習したり、webサイトから学んだりしました。私の悪い習慣かもしれませんが、私は手書きをしません。書かずにパソコンにタイピングをしています。 Windowsにもあると思いますが、キーボードのショートカットキーで音声を読み上げたり、クリックひとつで辞書を開き調べられます。それにインターネットで簡単に調べられるので、より詳しく知ることができます。私はこの方法を気に入っています。

290時間受けて話せるようになったのか

話せるというのがどの程度かにもよりますが、簡単な会話なら話せます。日本語が通じない国で1か月住んだことがありますが、問題ありませんでした。例えば駅や空港で困った時はもちろん英語で聞きましたし、宿では宿泊客と会話をしました。

でも、レッスンではどちらかというと聞き役だったのでリスニング力の方が鍛えられました。

 

さいごに 

語学学習は筋トレと同じで、怠けるとあっという間に力が落ちてしまいます。私は290時間も受けたのに、今は日に日に話せなくなってきています。とても残念です。

290時間も続いたのは良い先生に巡り会えたというのも大きいと思いますが、やはり英語が好き、話せるようになりたいという気持ちが大きかったからです。好きこそ物の上手なれですよね。

また講師と時間が合えばすぐにでもレッスンを再開したいと思います。

 

最新情報をチェックしよう!